スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークと配偶者控除

在宅ワークをしている人が気になることといえば、どれくらいは高いている分には在宅ワークで配偶者である夫に影響がないのかということではないでしょうか?

特に主婦が在宅ワークをする場合には、自分が在宅ワークでいくら収入を得たかによって夫が支払うことになっている税金にとても影響が出てくるといれています。

今、扶養家族になっている主婦の場合には配偶者控除と配偶者特別控除というのが、夫が受けている控除だと思います。

そして主婦は扶養者なので社会保険料を払うこともないのですが、これから先在宅ワークをすることによって収入が増えてくれば色々と変わってくる点が多いといわれています。

まず夫の配偶者特別控除の額が減っていくのは在宅ワークで年収70万円になったときなんです。

この時点で在宅ワークの収入のせいで、配偶者特別控除の金額が減り始めると覚えておいてください。

そして住民税を支払わなければいけない年収があるのですが、それは在宅ワークの年収で100万円を超えた場合に住民税を支払う必要が出てきます。

ですから在宅ワークで主婦の収入が100万円になった場合には主婦でも住民税がかかってきます。

そして配偶者控除が一切なくなってしまって、所得税を支払わなくてはいけなくなるというのが、103万円というラインですね。

在宅ワークで103万円を超えると夫の配偶者控除がなくなってあなたは納税の義務がかかってくることを覚えておきましょう。

在宅ワークで収入を得て夫に影響を与えることはまだあります。

社会保険に主婦が一人で加入しなければいけなくなるのが、在宅ワークで130万円以上収入を得た場合なんです。

そして配偶者特別控除も無くなってしまうというのは、141万円という在宅ワークでの収入を超えた場合になります。

このように、在宅ワークをするうえで、自分の収入が夫の手取りなどに大きく影響を与えるということを十分理解しておいた上でクライアントから在宅ワークの発注を受けた方がいいですね。

たとえば社会保険に加入しなければいけなくなる130万円以内に抑えるとか、配偶者控除が無くならない103万円以下に在宅ワークを抑えている人は多いですし、住民税がかからないように100万円以下に在宅ワークの収入を抑えている人もたくさんいます。

在宅ワークは自由に仕事を受けることができますが、自分の夫の収入との関係も考えたうえで在宅ワークの仕事量を考えた方がいいでしょう。


  • 無利息キャッシングとは
  • 銀行系キャッシングの金利
  • カード融資の基礎知識
  • 転職や就職情報・お仕事を探してる人へ
  • 転職相談をする方法
  • «在宅ワークの相談 | トップへ戻る |  在宅ワークと所得税»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。