スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークと所得税

在宅ワークをしていく上で大切なのが所得税なんです。

在宅ワークの所得税というのはどうやって計算するのかというと、年収からまずは経費を引きます。

そして基礎控除の38万円をひいて、各種控除などを引いたものに、税率をかけるのですが、課税所得が330万円以下の人は10%で900万円以下の人は20パーセントとなっています。

在宅ワークの所得税を計算する際に経費を計上が必要になってきますが、経費は1年間の総経費か、65万円かどちらか高い方を計上すればいいことになっています。

そして各種控除というところでは生命保険控除や扶養控除といった普通にサラリーマンなどの給与所得者が受けるのと同じ控除を受けることができます。

在宅ワークの年収が103万円以下になった倍には課税所得がゼロかマイナスになると思いますから所得税を支払うことはないのですが、103万円以上になった場合には所得税を支払わなければいけないことになります。

在宅ワークのクライアントによっては報酬料が支払われる段階ですでに源泉徴収が行われているクライアントもいると思います。

もしもそのクライアントからの報酬の合計が103万円以下の場合には確定申告をしたら支払っている所得税の還付もあるので所得税の納めすぎに注意しましょう。

在宅ワークを副業にして給与所得者が在宅ワークの収入が20万円を超えたという場合には確定申告が必要になってきますから注意しましょう。

在宅ワークを始めてある程度コンスタントに仕事がもらえるようになったら、外でパートに行っているのと同じくらいの収入がもらえるようになってくると思います。

その中で大切なことは主婦で在宅ワークをしている人は、在宅ワークの報酬である年収を103万円以下に抑えなければ扶養家族から外れてしまうということですね。

在宅ワークで稼ぎすぎて旦那様の扶養家族から外れたという場合には、自分で住民税や国民年金なども支払っていかなくてはいけませんからその点を考えたうえで在宅ワークの仕事量には注意しなければいけないと思います。

もしも中途半端に払わなければいけないような年収なのであれば、ガンガン在宅ワークで稼いだ方がいいということにもなりますし、収入が増えれば、確定申告の時に在宅ワークでも青色申告をしておけば、白色申告に比べると大きな控除が受けられるようになりますから、もしも在宅ワークで収入が増えたという人は、青色申告もしてみるといいかもしれませんね^^


  • 腰回しダイエットの効果
  • 抜け毛を防止するヘアケア
  • 自分でするわき毛処理
  • 育毛に必要な栄養素とサプリメント
  • 健康的なダイエット
  • «在宅ワークと配偶者控除 | トップへ戻る |  在宅ワークの仕事を確保する»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。