スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークの資料請求

在宅ワークをしたいと思っていてホームページ上に記載されている在宅ワークの資料請求ホームに入力してしまったという人は結構多いのではないでしょうか?

在宅ワークの資料請求のほとんどは、実は内職商法業者の個人情報を集めるためのわなだといわれています。

必ずしもすべても在宅ワークの資料請求がそうだとは言い切れませんが、本当の在宅ワークなら資料請求などする必要がありません。

在宅ワークで資料請求をしたのに資料は送られてこないで直接電話がかかってくるということもありますし、中には、電話で説明を聞いて、結局資料を送ってもらうことになって資料の中に在宅ワークの契約書が入っていることもあります。

この場合悪徳業者の中には、電話で契約が成立しているので早くお金を支払うように要求してくる悪徳業者もいます。

電話だけ、口約束だけでは契約は成立するわけないと思っている人がいるかもしれませんが、電話でやるといったら契約が成立することもありますから注意しなければいけません。

在宅ワークの資料請求をしたA社以外から電話がかかってきて同じような在宅ワークの勧誘の電話がかかってくるということがありますが、この場合には、在宅ワークの資料請求をした段階で、すでに他の在宅ワークの業者に在宅ワークの資料請求をした際の個人情報がまわっているという可能性もありますから注意しなければいけません。

どうしても在宅ワークとインターネットで検索をすると資料請求を行っているような会社のサイトばかりが検索にヒットしてしまう世の中なんです。

在宅ワークをしたいと思っている人の多くはいろいろと悩みを抱えていたり事情を抱えている人が多いので、資料請求をしてでも在宅ワークができればと思っている人も多いと思います。

でも、、本当の在宅ワークの依頼というのは、在宅ワーカーとして応募をしてトライアルを受けて発注をしてもらうというのが大まかな流れであって、資料請求をして仕事の流れを教えてもらって・・・といった手間のかかることはクライアントはしません。

在宅ワークをやってくれる人を募集している会社の多くはすぐにでも即戦力となる人材を探しているはずですからまどろっこしく資料請求などを行っているはずがないと思います。

その点から考えてみても在宅ワークの資料請求が怪しいものだということはよくわかるのではないでしょうか?

在宅ワークで資料請求をしなければいけないような会社は要注意なんです。


  • 外資系企業の転職に向いている
  • 仕事の市場について
  • 女性の仕事市場
  • 眉毛の育毛方法について
  • 毛穴トラブルの原因
  • «在宅ワークで働く道のり | トップへ戻る |  在宅ワーク悪徳商法の勧誘»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。