スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークを選んだ理由

在宅ワークを選んだ理由や選ぶ理由というのは人それぞれ違っていると思います。

私が在宅ワークを選んだ理由について少し紹介したいと思います。

私が在宅ワークを探し始めたのは、長女が生まれてすぐでした。

なんとか家でできる仕事がないかと考えて子供が生まれて生まれる前まで仕事をしていたのにやめたので収入が減ったことの穴埋めができないかと色々と探していました。

やはり在宅ワークをその時選んだ理由としては赤ちゃんがいる自分でも働くことができるからだったと思います。

在宅ワークで最初に見つけたのは、今から考えたら悪徳業者でした。

登録料に15000円必要でしたが、それでも在宅ワークをすることで少しでも家計の足しになればと思って在宅ワークを始めました。

企業のホームページを見て、必要な住所や社長の名前、電話番号などをエクセルの表に張り付けていくといったとても簡単なもので、コピーとペーストができれば誰でもできるような在宅ワークだったと思います。

一か月、朝は赤ちゃんが起きる前の2時間を使って作業をして、昼寝の時間、そして夜の時間を使って一日中色々とやってやっとの思いで一四〇〇〇円を稼いだのを覚えています。

その翌月も同じようなことをして一五〇〇〇円稼ぎましたがその翌月からは、単価がオークション性になって競り落とした人でなければ仕事がもらえないというスタイルになっていました。

そして結局仕事が来なくなって、前月に稼いだ15000円も振り込まれないままその会社は倒産して行方をくらましました。

それでも私はめげずに在宅ワークを探しました。

やっぱり小さ子どもがいても仕事をすることができるのは在宅ワークしかなかったからなんです。

そして次に見つけたのはちゃんと求人広告に載っていた在宅ワークでした。

会社もあって説明会にもいきましたが今から考えたらこれも悪徳商法でした。

説明会へ行くと、在宅ワークを始めるのに、パソコンや周辺機器を一式購入しなければいけないというものでそのあとは自由に仕事ができるというものでしたが、もうつぎ込むお金もなかったのでこのときは断念したのを覚えていますが、断念しておいてよかったなんです。

それでも在宅ワークを選んだのは、子どもが増えて子供が3人になってもっと外に出て働かないといけない環境なのに働けないことから家で子供のそばにいてできる仕事をと思ったからなんです。

そうして今のライティングの仕事を在宅でするようになったのですが、在宅ワークを選んだ理由は人それぞれあると思いますが、私のように失敗を繰り返してでもいい仕事に巡り会えればいいですね。


  • 占っておくれ | 鑑定ってなんだろう?!?
  • 夜泣きはどうすればいい?!?
  • 夜泣きなんてへっちゃら♪
  • 夜泣きとタバコの恐怖
  • «在宅ワークで断れない理由 | トップへ戻る |  安全な在宅ワーク»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。