スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークと確定申告

在宅ワークと確定申告についてですが、在宅ワークをしている人でも確定申告をしなければいけないのかと思っている人も多いと思います。

在宅ワークでも収入の金額によっては確定申告が必要になってきますからここで少し詳しく紹介していきたいと思います。

在宅ワークで確定申告をしないといけない人というのは、給与所得以外の所得、つまり在宅ワークの所得が収入から必要な費用を引いたものが在宅ワークの所得になりますが、その金額が二〇〇〇〇〇円を超える人は在宅ワークの確定申告が必要になってきます。

在宅ワークをする際の必要な経費というのは、たとえば在宅ワークをすることにあたって、ライターの仕事なら必要な書籍を買ったとか、取材に出かけた時に発生した交通費などが在宅ワークの必要な経費ということになると思います。

在宅ワークの必要な経費を収入から引いた額が実際の在宅ワークでの所得ということになりますがそれが20万円を超えている人は確定申告が必要なのです。

確定申告をする時期は2月16日から3月15日までと決められていますが、在宅ワークの確定申告をする際のは青色申告と白色申告があるので、注意しましょう。

この白色と青色というのは在宅ワークの年収によって変わってきますが、それほど在宅ワークでの年収が多くないということであれば白色で大丈夫だといわれていますね。

在宅ワークの確定申告で白色申告をするときには自分の住所の管轄の税務署に行って収支内訳書と所得税の確定申告書をもらってそして収支内訳書には1年間の在宅ワークの収入の金額と、そして在宅ワークの際にかかった必要経費を書けばいいのなんです。

在宅ワークの必要経費が65万円までに満たなければ家内労働者の所得計算の特例で65万円は経費にすることができますから在宅ワークのあっくてい申告での金額は在宅ワークで100万円稼いでいたとして経費が65万円ということになりますから25万円が所得という計算になります。

その所得の金額を在宅ワークの確定申告の際に確定申告書に書いて医療費や保険不要などの控除を引いて課税される所得の金額がわかります。

もしも在宅ワークを始めたばかりで確定申告についてわからないという人の場合には税務署で相談に乗ってくれますし、市役所などでも無料税務相談なども行われていますから在宅ワークの確定申告について質問してみるといいと思います。

在宅ワークでも確定申告は必ず必要なので注意しましょう。


  • お茶で痩せることが出来るのか?
  • 肌のたるみがなくなったら♪
  • しわが気になるようになったら
  • ビタミンCで健康増進
  • しみの対策に効果的なのは?
  • «在宅ワークと保育園 | トップへ戻る |  在宅ワークのリスク»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。