スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークのDTPオペレーター

在宅ワークのDTPオペレーターの仕事について紹介していきたいと思います。

在宅ワークで最近DTPオペレーターの仕事をしている人は結構いますよね。

在宅ワークのDTPオペレーターの仕事の内容はどうなっているのでしょうか。

仕事の内容としては、たとえば取扱説明書を作ったり、保守マニュアルや雑誌、書籍、医学書やカタログ、流通チラシを作ったりするのが主な仕事なんです。

原稿を作成して編集をする仕事もあります。

いろいろな分野で在宅ワークのDTPオペレーターの仕事は活躍することができると思います。

在宅ワークのDTPオペレーターの取扱説明書になると携帯電話やプリンター、デジタルカメラなどの家電製品の説明書などもあり、日本語だけでなく英語やドイツ語、フランス語など、いろいろな言語での展開もあります。

実際に在宅ワークでDTPオペレーターの仕事をしている人に稼働時間を聞いてみたのですが、仕事の内容によって違っていますが1日にだいたい10時間くらい在宅ワークのDTPオペレーターの仕事をしているのだそうなんです。

クライアントとの打ち合わせなどもあったりして、意外に在宅ワークとは言っても実作業だけが在宅ワークということになって打ち合わせなど外に出ることも多い仕事なんです。

在宅ワークのDTPオペレーターをする場合にはどんな資格や勉強や資格が必要なのかと思っている人も多いと思いますが一言でDTPといっても、マニュアルを作る仕事から雑誌やチラシを作る仕事、カタログを作る仕事などいろいろとあります。

それらを作ることができるような勉強や資格というのは必要かもしれませんがスキルアップするには、少しずつ数をこなして経験をしなければいけないと思います。

やっていくうちに、スキルは身についていくと思います。

在宅ワークのDTPオペレーターをするうえで必要なスキルとしては必要なソフトを使いこなすようなスキルは必要になってきます。

仕事を獲得する方法は、フリーランスとして働く場合には、サイトを立ち上げて依頼を待つという方法もありますし、インターネットの在宅ワークの求人サイトを見て応募するという方法もあります。

在宅ワークのDTPオペレーターの報酬の相場ですが、ページの単価は仕事によっても大きく違ってくるのですがだいたいマニュアルを作成するという在宅ワークで1ページが1500円位から3000円位という単価になっています。

在宅ワークのDTPオペレーターの仕事は今とても人気のある在宅ワークなんです。


  • 太ももがやせるメソセラピー治療について
  • メタボリック症候群を予防する
  • ネットキャッシングとは
  • 痛み軽減に役立つ腰痛サプリメント
  • プロテインのサプリメントについて
  • «在宅ワークの翻訳の仕事の現状 | トップへ戻る |  在宅ワークのウェブデザイナー»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。