スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークのウェブデザイナー

在宅ワークのウェブデザイナーについて紹介していきたいと思いますが、今在宅ワークでウェブデザイナーの仕事をしている人は結構多いと思います。

在宅ワークのウェブデザイナーの仕事というのは具体的にはどんな仕事をするのかというと、ウェブサイトを構築して作成、そしてサイトを運営したり更新をしたりするのが主な仕事なんです。

在宅ワークのウェブデザイナーはデザイン系の仕事に就いていた人やインターネットのホームページを作れる人に向いている在宅ワークなんです。

在宅ワークのウェブデザイナーの仕事を実際にしている人の稼働時間を聞いてみたのですが、少なくて1日に4時間くらいで多い時になると10時間は稼働しているようなんです。

稼働している時間は子供が学校に行っている時と、夜の10時以降に在宅ワークをしていると人が多いようですね。

在宅ワークのウェブデザイナーの仕事で必要なアプリケーションやソフトはフォトショップなどのソフトがあれば便利ですが、通信環境についてはADSLか光なら問題なく作業ができるようなんです。

在宅ワークのウェブデザイナーの仕事に必要な勉強や資格としては、htmlやCGI、CSS、画像を加工するというスキルは必要かもしれませんね。

在宅ワークのウェブデザーナーの仕事をする人はこれらのスキルを身につけるためにパソコン教室に通ったという人も多いようなんです。

まずは簡単なページを作る仕事から始めるとだんだん慣れてくると思いますが、たとえばお店のサイトを作ってほしいと依頼された場合にはメニューのページ、地図のページ、お店の紹介のページなど、いろいろなページをレイアウトしてサイトを作っていかなければいけませんからそれなりのセンスも必要になってくるかもしれませんね。

在宅ワークのウェブデザイナーの仕事を獲得する方オフとしては、インターネットなどでウェブデザイナーを募集している会社がありますからそちらに登録して仕事をもらったり、直接お店などから在宅ワークのウェブデザイナーの仕事として依頼を受けることもあるようなんです。

在宅ワークのウェブデザイナーの気になる報酬ですが、トップページの場合には2万円位になっていてそれ以下のページは5千円位が相場なんだそうなんです。

企画から制作まで一貫して行う場合には1サイトの値段で10万円ほどもらえることもあり、そのサイトを運営して管理していくことも請け負うと、1か月に1万円という報酬がもらえることもあります。


  • 肌のダメージを考える
  • 紫外線をカットするには
  • 誰でも簡単にできる肌ケア
  • エステ脱毛の魅力とメリット
  • お茶で痩せることが出来るのか?
  • «在宅ワークのDTPオペレーター | トップへ戻る |  在宅ワークのライターの仕事»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。