スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークと個人情報

在宅ワークと個人情報についてですが、在宅ワークをするにあたってクライアントに個人情報を伝えなければいけませんね。

在宅ワークの仕事をこれからもらうわけですから雇ってもらう際に契約があるのは当たり前のことなんです。

でも、外で働きに出る際に会社と契約をする際に個人情報を公開するのとは違ってなぜか在宅ワークのクライアントに個人情報を公開することを迷ってしまったり抵抗があると感じてしまう人が中にはいると思います。

なぜ在宅ワークの仕事では個人情報を公開することを抵抗があると感じてしまうのか、それは在宅ワークのクライアントというのは顔も見たことがなくて、メールだけのつながりだからではないでしょうか?

場合によっては電話をかけてきて電話で打ち合わせをするという在宅ワークのクライアントもいますがほとんどの場合が在宅ワークのクライアントとのつながりはメールだけだという人も多いと思います。

在宅ワークを始めるにあたってメールだけのつながりのクライアントに自分の個人情報を公開してもいいのか、これはかなり迷ってしまうと思います。

これは何とも判断しにくいのですが相手のクライアント側もどこの誰だか分らない素性の知れない人に在宅ワークの仕事を依頼するというのは不安だと思います。

両方にとって信頼関係ができない場合の個人情報の公開はかなり難しいと思いますが、良心的なクライアントの場合には契約の際にちゃんと住所や電話番号、代表者の名前を公開しています。

あなたもそれを見てから安心して個人情報を公開すればいいと思います。

とはいえ、私もいろいろなクライアントの下で在宅ワークの仕事を受けてきましたが、今までに、仕事の報酬の未払いというのはなかったのでいいのですが、クライアントの中には、住所も電話番号も知らないという人がいました。

やっぱり個人情報をお互い知らせていないということは信頼関係もあまり築けなかったように思いますね。

結局そのクライアントさんは何の連絡もなしに仕事が中断された状態で連絡が取れなくなったのですが、やはりお互い気持よく仕事をするなら在宅ワークのクライアントには個人情報を公開するのが一般的ではないでしょうか?

もちろん怪しい在宅ワーク商法などの会社に個人情報を教えるということはいけませんから自分でその辺のところは見極める必要がありますが、クライアントに個人情報を伝えることはお互いが気持よく仕事をするためには必要なことではないでしょうか?


  • 老人の医療保険について
  • メイク落としの仕方
  • メイク落としの選び方
  • 美しくなりたい?お勧めボディケア
  • しわが深くなる前に目元ケアを
  • «在宅ワークの基本能力 | トップへ戻る |  在宅ワークのトライアル»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。