スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークと休日

在宅ワークをしている人は作業時間も自由に選ぶことができますが、それと同時に休日も自由に選ぶことができます。

でも、言い換えてみれば在宅ワークは作業時間が厳しい場合には休日でも返上してでも作業をしなければならない状況にあるということなんです。

在宅ワークをやっているとなかなか仕事の休みを作るということは難しくなってしまいます。

私も在宅ワークをして1年以上がたちましたが休日については、基本的には日曜日だけと決めていますが、仕事の依頼によっては日曜日でも作業をしていることがあるんです。

在宅ワークは自分のペースで仕事ができますが休日が無くなってしまうこともよくあるのです。

家族が休みである日曜日以外は毎日在宅ワークをやっていますが、こどもの行事があったりして、在宅ワークができないという日があるんです。

そんな日は全く休みにするのではなくて普段作業しているのが昼間だけで夜には作業はしていないとしたら、夜にその日は作業時間を振り替えて在宅ワークをやっています。

毎日過ごしていたら突然明日来客があるという日もあると思います。

そんな日はその日を突然の休日にしなければいけないわけですから、その前の日やあとの日に在宅ワークの作業を振り分けて多めの作業したりしてカバーしています。

在宅の休日は本当にこうして考えてみると自分次第なのです。

長期のゴールデンウィークやお盆休み、年末年始においては、家族も休みですから自分も当然在宅ワークをやっていられない状況にあります。

そんな時期にはあらかじめ分かっていますからその前後に、いつもの倍の数、休日を取ってしまった分のカバーをしなければいけないので必死になるわけなんです。

在宅ワークのクライアントによっては長期の休みの場合には発注をストップしてくれるところもありますから相談をしてみてもいいかもしれませんね^^

その際は、プライベートなことで仕事を休みたいというのではなくて、ビジネス的に考えて在宅ワークの休日申請をするのがいいと思います。

家族旅行に行きますから休みをもらいますというのではなくて、お盆休みをいただきますといった感じで抽象的でいいのではないでしょうか?

在宅ワークをしていると休日を取ることが難しいこともありますが、余裕をもって在宅ワークをしている人は、休日が取りやすいと思います。

特に小さい子供さんを抱えている人の場合には突然休日を取らなくてはいけない状況になることもあると思いますから、在宅ワークの受注を余裕を持たせるといいと思います。


  • 注目のサプリメントとその選び方!
  • ぽっこりお腹をどうにかしたい!
  • タイミングベルトについて
  • シートベルトの危険性
  • ディーゼルオイルについて
  • «A8.netがキャンペーン | トップへ戻る |  在宅ワークと家族の理解»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。