スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークの所得

在宅ワークの所得についてですが、税金を支払わなくてはいけないことがあると思いアンス。

たとえば扶養家族になっている人が在宅ワークをやっている時や、会社に勤めている人が副業で在宅ワークをしている時、個人事業者として在宅ワークを本格的に立ち上げた場合などには在宅ワークの納税の種類が違ってきます。

ここ数年でいちばん多いのが、主婦の人が扶養家族に入りながら家計を助けるために在宅ワークをしているということが多いようなんです。

この場合の在宅ワークの所得というのは雑所得のジャンルに入ります。

在宅ワークの所得というのは在宅ワークでの収入から、在宅ワークをするにあたって必要なパソコンや周辺機器、交通費などの色々な必要経費を引いた金額が雑所得ということになっています。

在宅ワークの所得の合計が103万円以下になっている場合にはこれまでと、特に変わったことはないのですが、103万円以上を超えてしまったという場合には確定申告が櫃いようになってきます。

これは在宅ワークでもらった所得に対してかかる税金を納める義務があるのです。

普段仕事をしていて副業として在宅ワークをしている人の場合にも確定申告は必要なのですが、その場合は給与と雑所得が、20万円以上になった場合に確定申告が必要になってきます。

では在宅ワークをしていてもしも雑所得が130万円を超えてしまったという場合には扶養家族から外れてしまいます。

そうなると扶養家族にはいることができないので、国民年金にも、国民健康保険にも自分で加入して保険料も自分で納めなければいけなくなると思います。

そうならないためにも、在宅ワークをしている多くの人は130万円以下に所得を押さえて仕事をしているという人は意外と多いといわれています。

このように、収入が在宅ワークだけという場合であっても、所得が103万円を超えた場合には確定申告が必要ですから納税しなければいけませんし、在宅ワークの所得が130万円以上になった場合には、扶養配偶者の資格も無くなってしまいますから自分で社会保険にも入らないといけないということになりますね。

在宅ワークをこれからするにあたったは、この辺のこともちゃんと理解しておかなければ、微妙なラインで扶養から外れてしまって自分で年金も保険も支払わなくてはいけなくなるということにもなりますからもしも在宅ワークで働くならそれ以上を、もしも抑えるならきっちりと103万円と130万円のラインは注意しましょう。


  • 眉毛の育毛方法について
  • 毛穴トラブルの原因
  • 女性の抜け毛ケア
  • ダイエットエステの目的
  • 小顔になるためには?
  • «在宅ワークのメリット | トップへ戻る |  在宅ワークの現状»

    カテゴリ
    ツール

    新着更新サイト

    キーワード

    RSSフィード

    太陽光発電
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。