スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インターネットデータ窃盗犯」対策

アフィリエイトの情報を集めてみました。
インターネットはパソコンの電源を入れ、インターネット社会に「参加」した瞬間から「自分の家」にある「家財」を世間にお披露目しているような状態になる。

ましてや、見知らぬ人からのメールを開封した瞬間、その見知らぬ送信者との間に商契約が成立したなどの強弁する「詐欺師」がウジャウジャいる時代である。これは完全に無視するのが肝心とのこと。請求書が来る(携帯番号とかパソコンメールアドレスは当然相手には分っているのだが、住所までは知らないのが普通)まで放って置くか警察に知らせるとかいろいろアドバイスは多いので、とにかく「慌てない」のが初歩的心構え。

さて、筆者が昨年個人的に実感したネット社会の「闇」について、ご参考にして頂きたい。勿論、筆者はパソコン、インターネットのド素人で、専門用語も技術も「超初心者」であることを含んでお読み頂きたい。

ある無料プロバイダーにブログを開設している。別に商業目的で書いている訳ではないので、更新も気の向く時にしかやっていなかった。ところがちょっとした政治に関する意見を書いたところ、その意見が気に入らなかったのか、攻撃的なコメントが書き込まれるようになった。
タイムセール99円!【数量限定:再入荷なし・在庫限り】【5250円(税込)以上お買い上げで送料...

論争が目的ではなかったが、相手にするのも面倒なので削除はせずに放置しておいた。

しばらくすると、ゲストブックにいろいろな宣伝文とURLが貼り付けられようになった。

これは、ブログとかホームページを開設している人のジレンマなのである。自分のブログが広告媒体の価値ありと判断してもらえる位アクセス数が多いとのだと満足するか、うっかりアクセスしてくれることを狙った「詐欺師」に、「間抜けな」お人好しと思われているのか、判断の難しいところである。

しばらくは文面とURLを見て、悪意ある文章やアダルト系の宣伝以外はそのまま「ゲストブック」に載せておいた。ところが、昨年の暮れに、自分のブログを更新した瞬間、他人のブログに飛んだような気がした。それはまさに「幻覚?」と思われるほどの一瞬間だった。しかし、「おかしいなー」と思い、ゲストブック欄を開いてびっくり。

何と、更新時間と同じ時刻にいくつかの「ゲスト」の書き込みがあった。これはもう、相手にプログラム化されているのだと判断した。ITにお詳しい方には、筆者が如何にド素人かこれでお分かりになったと思う。

他人のブログへのコメントとかゲストブックへの書き込みは「手作業」でやっているのだとばかり思っていたが、ブログを更新した瞬間に複数の「書き込み」(一文字でさえ物理的に無理)があると言うことは、すでに「狙われた餌食」で、相手にはこちらの「家の中」(パソコン情報)が見えている可能性があると言うことなのだろうと素人ながら判断した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

アフィリエイト関連記事
関連のブログ最新記事はありません

«はてな移転の件で出てきた話への違和感。 | トップへ戻る |  ホテル・旅館向けブログサイト・更新管理ツール『外国語ブログサイトパック』を提供開始 [株式会社ワールド»

カテゴリ
ツール

新着更新サイト

キーワード

RSSフィード

太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。