スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ITトレンド」SEM投入キーワードが30,000を突破! [株式会社イノベーション]

SEO対策の情報を集めてみました。
BtoBマーケティングの株式会社イノベーション(東京都渋谷区広尾5-8-14 東京建物広尾ビル5F 代表取締役 富田直人)が運営するIT製品の比較・一括資料請求サイト「ITトレンド」(http://it-trend.jp/)の集客が好調です。検索連動型広告(アドワーズ・オーバーチュア)の強化を図っており、2月に対象キーワード数が30,000を突破しました。

■キーワードが30,000ワードを突破
昨年7月のオープン当初から検索連動型広告(アドワーズ・オーバーチュア)を全面的に利用してきたITトレンド。これを運営するイノベーションはIT企業を中心に広告代理店をしていることもあり、そのノウハウをITトレンド運営にフル活用しています。オープン当初のキーワード数は1000程度でしたが、毎月のキーワード追加を継続させ2月にはその数は30,000ワードを超えました。

■ITトレンドに見るロングテールモデル
2007年7月から2008年1月までの7ヶ月間で、ITトレンドへ検索エンジン経由で流入したユーザーの検索ワードの種類は35,000ワードを超えます。その中でも7ヶ月間の検索数が10以下のキーワードは全体の約98%と大半を占めています。
Google AnalyticsではじめるSEO対策

このようにITトレンドは流入キーワード数が極めて多いロングテールモデルということが言え、SEM投入キーワード数の重要性が伺えます。

■なぜSEMがこれほど重要なのか
ITトレンドへの集客は検索エンジンを中心におこなっています。これはITトレンドの大きな特徴の1つです。検索エンジンで検索するユーザーは明確な目的を持っていることが多く、そういった能動的なユーザーからの問合わせや資料請求は広告主から見た見込み度合いが高い場合が多くなります。検索エンジンからの流入を図るには即効性があるSEMは必要不可欠な要素になります。

■SEO対策にも効果が
SEMと合わせて重要なのがYahoo・Googleなどの自然検索順位を上げる、いわゆるSEO対策です。SEO対策はSEMと違いすぐに効果が出るものではありませんが、オープンから半年が経ち徐々に効果が現れてきました。ITトレンドでは「ERP」や「文書管理」などのカテゴリ名で上位表示になるように施策を続けており、「ワークフロー」がYahoo検索で1位を獲得するなど着実に効果が出てきています。

■代理店として他社メディアにもノウハウを提供
株式会社イノベーションは2002年より検索連動型広告(アドワーズ・オーバーチュア)の代理店をしていますが、このITトレンドでの検索連動型広告の活用ノウハウを他社インターネット媒体へも提供しています...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

SEO対策関連記事
関連のブログ最新記事はありません

«メイクショップ、ネットショップ構築・運営サービス「MakeShop」の利用店舗数が10,000店舗突破!~「10,000 | トップへ戻る |  検索エンジンの信頼性をおとしめる『SEO』とは»

カテゴリ
ツール

新着更新サイト

キーワード

RSSフィード

太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。