スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年度の Google アドワーズ広告を振り返り、2008年の対策を考える

アフィリエイトの情報を集めてみました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000005-inet-inet
2007年末から2008年にかけてインターネットマーケティングにおいて激動を予感させるニュースが次々と飛び込んでいる。Google と NTT ドコモとの提携や、Microsoft による米 Yahoo! の買収提案や、総務省が携帯電話・PHS における有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の導入促進の要請など、今後の動向が気になるニュースが続いている。

2008年は更なる激動の年になることが予感させられるが、昨年も、インターネットマーケティングにおいて注目度の高かったリスティング広告では様々な変化があった。

例えば、Overture の新スポンサードサーチ移行や、日本法人ヤフー株式会社によるオーバーチュア株式会社の子会社化など、各所で話題に挙がっていたことが記憶に新しい。その Overture と共に、リスティング広告の話題の中心にあったのが Google アドワーズ広告だ。そこで、今一度昨年の Google アドワーズ広告を振り返り、そこから今年の Google アドワーズ広告の対策を考えていきたい。

まずは、2007年に日本向けにリリースされたものから、リスティング広告に携わる者としてトピックを10個選定した。
タイムセール999円!【数量限定:再入荷なし・在庫限り】【5250円(税込)以上お買い上げで送料...



■プロダクト関連

(1)モバイル向けのコンテンツターゲット広告
コンテンツターゲット広告が、PC に加えてモバイル広告においても開始された。また、2007年10月からモバイル版コンテンツ向け AdSense をモバイルのサイト運営者向けに正式にサービスが開始されたことにより、モバイル向けのコンテンツターゲット広告を表示できるサイトの数が急激に増加している。

(2)プレースメントターゲット広告
サイトターゲット広告からプレースメントターゲット広告に名称が変更された。課金方法は、これまでの CPM 課金だけでなく、CPC 課金での入札も可能になった。まだ指定できるコンテンツは少ないが、特定のページの上段など掲載箇所を指定することができるようになった。

(3)Pay-Per-Action 広告
Pay-Per-Action 広告とは Google コンテンツネットワークの一部で、資料請求や商品購入など広告主が設定したアクションが完了した際に、成果報酬型として課金される広告である。サイト運営者がこの配信を選択しているサイトに配信される。現在はベータ版で一部の広告主のみ利用できる。Google がアフィリエイト市場に進出するのかと騒がれていたので、聞き覚えがある人も多いだろう。

(4)ローカルビジネス広告
ローカルビジネス広告は、Google マップや Google ウェブ検索・検索ネットワークの検索結果で地域にターゲティングした広告が表示される広告である...

ニュースの続きを読む

アフィリエイト関連記事
関連のブログ最新記事はありません

«検索エンジンの信頼性をおとしめる『SEO』とは | トップへ戻る |  変化する消費者の購買行動--Eコマース成功のカギは?»

カテゴリ
ツール

新着更新サイト

キーワード

RSSフィード

太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。