スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年サーチマーケティング展望(3) ~ 進化し続けるリスティング広告施策

アフィリエイトの情報を集めてみました。
今週は近年のリスティング広告の進化を見ながら、どのような施策を行うべきなのか、そして、今後どのような進化をしていくのかについて述べていく。

1.「検索連動型」と「コンテンツ連動型」の使い分け

各リスティングサービスで「検索連動型」と「コンテンツ連動型」は、それぞれ広告配信メカニズムが違い、また、その広告との接触ユーザーの特性も「検索をして接触する(検索連動型広告)」、「サイトに訪れて接触する(コンテンツ連動型広告)」という違いがあり、それらをきちんと踏まえた広告管理ロジックが必要になっている。

さらに、「コンテンツ連動型」に関しては、各リスティング広告サービスのコンテンツパートナー/ネットワークへ出稿する「キーワード」「広告説明文」「広告ランディングページ」と、広告配信先ページの内容のマッチングにより、自動配信されていただけであった。

しかし、その配信先自体を選択するサイト/プレースメントターゲティングといった手法が増えてきており、この場合は、配信先にいかに効率的に広告が露出されユーザー誘導を行えるよう管理する必要がある。ひとくくりに「コンテンツ連動型」といっても様々な管理ノウハウが求められているのだ。
タミヤ タムテックギアスペアパーツ 2.6x12mm皿ビス(5本) ITEM 40127 (SG.27) 【TAMIYA】



これまでキーワードを中心に、その検索数、誘導数と成果数という指標を中心に考えられていた管理方法から、「ユーザー」、「広告配信先」と「広告出稿設定」のテーマを考えた管理方法も求められてきている。

現状の完全なロジックが見えていないが、今後大きな可能性を秘めるコンテンツ連動広告の出稿状況を確認してもらいたい。

2.モバイルリスティング広告の台頭

各広告出稿主のビジネスモデルによって変わるが、一部の広告出稿主においては、すでに PC におけるリスティング広告出稿額をモバイルにおけるリスティング広告出稿額が上回っているケースも存在している。

しかし、いくつかのビジネスモデルにおいては、PC リスティング広告よりも費用対効果が悪いという状況も事実ではある。これには、「そもそもビジネスモデルがモバイル特性に合わない」「広告出稿サイトの広告ユーザビリティの問題」「モバイル検索クエリの質の問題」と様々原因が考えられるが、PC とは違うモバイルリスティングの KPI(key performance indicator)策定などで、活用を考えていくべきである。

各サービスとともに、その広告配信メカニズムは急激に進化しており、また、正式なリリースは今日現在確認できてはいないが、すでに報道されている Google 社と NTT ドコモ社との提携など、今後のモバイル環境において、商用活用できる検索クエリの増加は間違いないと考えられる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

アフィリエイト関連記事
関連のブログ最新記事はありません

«Adobeもアフィリエイトプログラム提供開始、最大で売上の10%が報酬に | トップへ戻る |  【Dream News】の提携媒体に【ふくおか経済】が増えました。»

カテゴリ
ツール

新着更新サイト

キーワード

RSSフィード

太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。