スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SEO】ライオン丸の2008年当たらない大予言~今年最悪のシナリオを過剰シミュレート

SEO対策の情報を集めてみました。
検索エンジン周りの話題を中心に、2008年に起こって欲しいこと・あってはならないことなどを予測してみる。特に日本では、実力以上の人気であるYahoo!の行く末と、今までの世界侵略者Microsoft、これからの地球征服者Googleの争闘も楽しくも恐ろしい。ガラパゴス化したコンテンツ配信や携帯電話も、いつ世界標準の洗礼を受けるかカウントダウンははじまっている。なお、この予言を信じる、信じないはあなた次第だ。【バックナンバーはこちらから! 】

予言1.Yahoo!の順位変動が激化しSEOはギャンブルとなる
 毎月のようにYahoo!のウェブ検索で上位が入れ替わり、SEOが崩壊。上位表示も運次第となる。

現象
 2008年1月1日よりYahoo! JAPANのトップページが変更されたが、ユーザーのYahoo!利用パターンも大きく変化し、インターネット初心者にも徐々に検索習慣が身に付きはじめる。Yahoo!サイト内サービスの利用でさえYahoo!ウェブ検索が使われるようにもなる。また、YST更新のたびごとに順位が大きく変動し、またそれを後追いするようにYahoo! JAPANも独自アルゴリズム刷新を繰り返していくSEO
 常に1ページ目を維持できるサイトは皆無となり、商用サイトのオーナーのほとんどが自力では不可能とSEO業者に助けを求めるようになる。一方「順位保証」の業者も理不尽な順位変動によってビジネスモデルが崩壊、何かをすれば(何もしなくても)上位表示されるギャンブル現象に便乗し泡沫業者も乱立する。



結果
 インターネットはまず検索と、ビギナーに大きな変化が生じる。 お気に入り(ブックマーク)代わりに検索サイトを利用するアベレージユーザーもついに愛想を尽かす。より安定感のあるGoogleがシェアを伸ばす。

予言2.検索シェア GoogleついにYahoo!を抜く
 ユーザーリテラシーの向上に応じてYahoo!からGoogleへの大移動が加速、サイトの選別もはじまり、レベルの低いショップの退場がはじまる。

現象
 Yahoo!のウェブ検索を重視する政策は結局自滅となりシェアを落としていく。GoogleはYouTubeや他のサービスなどで知名度がアップしていきシェアを伸ばす。

SEO
Yahoo!経由に偏っていたサイトは、Yahoo!の順位はまずまずでも徐々にアクセスダウンを思い知っていく。気が付くとGoogleでは上位表示されておらず、付け焼き刃のGoogle対策で順位アップも一進一退を繰り返す。昔のようにSEO対策=Google対策=リンク量産と、あちこちで一括登録の商売が流行し、大手業者も自社のサテライトサイト群からクライアントへのリンクサービスを増強する...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

ホームページ・ビルダー12スパテク160

SEO対策関連記事
関連のブログ最新記事はありません

«セプテーニ・クロスゲートとアイサイト、モバイルSEOを活用した広告商品を開発 | トップへ戻る |  アンテナ張ってますか?»

カテゴリ
ツール

新着更新サイト

キーワード

RSSフィード

太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。