スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEIとは?

SEO対策をやってると必ず出てくる言葉 KEI

KEIとはなんでしょう?

SEI対策を行うのに有効なキーワード選びをするための
参考値としてKEI値というものがあります。

Keyword Effectiveness Index の略です。
キーワード有効性指標という意味!!

KEIは、あるキーワードが検索エンジンで実際にどの程度利用
されているのか?
そのキーワードでページを最適化することがどの程度有効か?
を数値化して表すってことです^^

KEI値の算出は

・キーワードが実際に検索エンジンで利用され手いる回数
・キーワードの競合度

検索エンジンで利用される回数が多いほどKEI値も高くなり
キーワードを完全一致で検索したときに検索エンジンが表示するページ数が
多いほど競合度が高い!ってことになりますね~
競合度がたかくなるにつれて、KEI値は低くなります。


では、キーワードについて考えてみましょうw

どんなに、サイトを作ったとしても見てもらえなければ話になりません。
たとえば
普通1個500万円する指輪が50万円で売ってるサイトがあるとします(ありえませんが・・・^^;
そこに、たどり着けなければ知ることさえ出来ませんよね?
検索エンジンの登録は、必須ってことです。


指輪が欲しい人は
検索エンジンに 指輪 と入れて打つでしょうか?
漠然としすぎていてまず欲しいものは見つからないでしょうね~
で、複合キーワードを使うわけです。
これ以上は省きますね(前回の記事で書きました^^)

一番いいたいことは
顧客が使うキーワードを想定する!!ってことです。
自分が考えるキーワードではなく、顧客が検索エンジンで利用するキーワード
を選定するってことなんです。

それが判れば苦労しないって??
そうなんですよね~
実際、稼いでる人はこのキーワード探しに時間をかけてるらしいです。

そんなキーワード見つけられない
もしくは、キーワード選定に時間をかけれないって人

効率は悪いですが、いい方法があります。
以前にも書きましたが
SEOの基本!!
とにかく、記事数を増やす!!!! デス

サイトに、キーワードがちりばめられてると
どっかで引っかかってくれる事がありますよ~

ワタクシのサイトもようやく
検索エンジンからの訪問が毎日あるようになりました。
その中には、ん?
こんなキーワード書いた覚えがないぞっていうのも引っかかったりします(笑)

もうひとつ
サイト内で使うキーワードの数が多ければ多いほど
キーワードがそのサイトにとって重要とみなされるんです。

キーワードアドバイスツールなども
沢山ありますが、鵜呑みにせずあくまで参考程度にとどめておいた方がいいですよ^^

なんでもそうなのですが
ツールっていうのは、あくまで補助的なものと考えたほうがいいですね。
使う本人によって左右される!



    ▼その他のSEO対策

«楽天アフィリエイトの裏話!! | トップへ戻る |  クリックポピュラリティ»

カテゴリ
ツール

新着更新サイト

キーワード

RSSフィード

太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。